『ぶらり ひとり旅』 in 群馬 裏見の滝

この間の日曜日に群馬県みなかみ町にある

裏見の滝まで出掛けてきました。
画像


関越道の水上インターを降り

国道291号線を北上

水上温泉街を抜け

藤原湖や藤原ダムを横に見て
画像


武尊神社を目指して山道を駆け上がります。

武尊神社手前の駐車場に車を停め

駐車場脇の案内板をたよりに

裏見の滝を目指して歩を進めます。

滝までの行きは下りになるので

そうは感じなかったのですが

戻る時はかなりの上り坂で

結構バテバテになってしまいました。

お蔭で翌日は筋肉痛・・・

日頃の運動不足を悔いた一日でした。

滝の上を回り滝壺の近くの祠まではいかれるのですが
画像


その先は通行止めとなっており

現在は滝の裏側には回れなくなっていました。
画像


ここまでの道も途中途中崩れかかった危険個所があり

「この先は自己責任で・・・」の立て看板までありました。
画像

画像


滝を挟んだ反対側には観瀑台もあり、

そこまでの道は比較的安全ですので

無理をせずにそちらから滝の眺めを見るほうがお薦めです。
画像


この滝は宝来の滝とも呼ばれ

日本武尊が雨乞いをしたとされる伝説があり

その落差は約50メートルの大瀑布。

圧巻でした。

それに観瀑台のところには

マイナスイオン値、32,300個/㎤

リフレッシュ度・特Aの立札が・・・
画像


文字通りマイナスイオンをたくさん浴びて

リフレッシュして帰ってきました。

帰り道の途中で野生のお猿さんに遭遇

ズームアップでパチリ

フラッシュの光で驚かせてしまいました。

御免なさい
画像


旅のお供はもちろん愛車『レクサス GS-450h』

今日も走りを楽しんできました。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック